2015年2月2日(月)

成長願いサケの稚魚放流 筑西の鬼怒川

サケの稚魚をバケツから水路に放流する子どもたち=筑西市女方
サケの稚魚をバケツから水路に放流する子どもたち=筑西市女方

筑西市女方の鬼怒川で1日、サケの稚魚約25万匹の放流が行われ、筑西や下妻から訪れた親子連れが「大きくなって」と声を掛けながら、稚魚を川に放った。

鬼怒小貝漁業協同組合(中川行雄理事長)のふ化場には、地元や下妻市で自然体験学習に取り組む「青龍楽校少年団」の児童たち約200人が来場。全長約5センチの稚魚を、鬼怒川に注ぐ水路にバケツから放った。

筑西市下川島、古井千晴さん(6)、下妻市皆葉、関らい夏(か)さん(8)はそれぞれ「かわいい」「立派に育ってほしい」と感想。中川理事長は「サケが戻る貴重な鬼怒川の素晴らしさを、放流を通じて認識してほしい」と話した。 (溝口正則)



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス