ケーズHD企業内保育所 仕事と子育て両立支援

開所式で、電子黒板に映し出された英語教材を使って元気いっぱいに英語を発音していたリリー幼稚園の園児たち=水戸市酒門町
開所式で、電子黒板に映し出された英語教材を使って元気いっぱいに英語を発音していたリリー幼稚園の園児たち=水戸市酒門町
園庭も広々としている。開所翌日には、従業員の家族が赤ちゃんを抱っこして、見学に訪れていた=水戸市酒門町
園庭も広々としている。開所翌日には、従業員の家族が赤ちゃんを抱っこして、見学に訪れていた=水戸市酒門町
大手家電量販店の「ケーズホールディングス」(本社水戸市)は今月、同社初となる企業内保育所「ケーズ&リリーナーサリー」を水戸市内に開園した。学校法人「リリー文化学園」(水戸市)とコラボし、子育て中の従業員が安心して、仕事と子育ての両立を図れるほか、1歳児と2歳児は、従業員以外の地域の乳幼児も受け入れる。

今月1日、水戸市酒門町のケーズデンキ本店すぐ隣に「ケーズ&リリーナーサリー」が開園した。運営するのは、幼児教育に実績のある学校法人「リリー文化学園」(水戸市)。入園した乳幼児たちは、同学園の「育脳教育」の理念の下で、子どもの成長に必要な五感を伸ばす遊びや、電子黒板を使って、ネーティブスピーカーの発音を聞き、楽しみながら英語に親しめたりする。保育室などには、加湿エアコンや空気洗浄機などの最新設備も整っている。

受け入れ人数は、通常保育は0歳児3人と1、2歳児が8人ずつの合計19人。開所は土・日曜日も含む週7日。開所時間は午前8時〜午後7時までだ。同園での保育は、2歳児までだが、3歳児以降は、認定こども園「リリーの森幼稚園」(水戸市)に優先的に入所できるという。

保育料は、従業員に関しては、同社が福利厚生として一部負担。また、同園指定の制服も子どもの成長に合わせて無償貸与する。従業員以外の子どもも1歳児、2歳児をそれぞれ2人ずつ受け入れるが、保育料は、一人当たり3万7千円という。

開園式では平本忠同社社長が「従業員第一。ワークライフバランスが叫ばれる中、仕事と育児を両立できる充実した環境を提供し、雇用にもつなげていきたい」などと力を込め、若林静香同園長(43)は、「大切な幼児期を月齢や個性など、一人一人に合わせて保育していきたい」と笑顔で話した。
◇ ◇
同社によると、水戸近郊には0〜2歳児の乳幼児を育てる従業員は、約30家族。本社商品本部で働く斉藤元樹さん(38)も開園に期待を寄せる一人だ。現在、育休中の妻・恵里佳さん(31)が来年4月に職場復帰する。それに合わせ、同園に長男の大翔ちゃん(8カ月)を預ける予定。斉藤さん一家は、5月に群馬県から転勤してきたばかり。「慣れない土地で“保活”をしなくて済んだ。非常にありがたい。家庭で教えられないこともある。(リリー)の教育理念も安心。入園を楽しみにしている」と来春を心待ちにしている。

同社人事部によると、「育児休業は3歳まで取得できるが、0歳児から受け入れることで、早めに職場復帰したい従業員も応援できる。ニーズが増えれば、保育士の数も増やし、対応していきたい」と話す。(鈴木聡美)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース