2019年4月4日(木)

アントキの猪木さん入団 茨城アストロプラネッツ 観客動員増に意欲

茨城アストロプラネッツ入団会見で、山根将大代表(左)に帽子をかぶせてもらうアントキの猪木さん=県庁
茨城アストロプラネッツ入団会見で、山根将大代表(左)に帽子をかぶせてもらうアントキの猪木さん=県庁

野球の独立リーグ、ルートインBCリーグに今季から参入する茨城アストロプラネッツは3日、県庁で記者会見を開き、かすみがうら市出身のお笑い芸人、アントキの猪木さん(45)の入団を発表した。「球団公認選手兼PRアンバサダー」として、主に球団のPRなどを行っていく。

会見で入団の感想を問われたアントキの猪木さんは、「平静(平成)ではいられない」と改元にかけて一言。その上で、観客動員やスポンサー獲得への意欲を見せ、「(野球を)一度諦めた人に再チャレンジしてもらえるきっかけになりたい」などと抱負を述べた。

同球団の山根将大代表は「(ホームゲームの)観客動員数年間4万人達成のために力を貸していただきたい」と期待を込めた。

茨城アストロプラネッツは、ひたちなか市出身の山根代表が中心となって創設。プロ野球(NPB)に入団する選手育成などを目的とするBCリーグに昨年、正式加盟した。プロ野球阪神などで活躍した坂克彦監督=常総学院高出=をはじめ、選手は本県出身者や本県の学校の卒業者が多数在籍している。

開幕戦は6日、ひたちなか市民球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。アントキの猪木さんもパフォーマンスを披露する予定。(照沼久夫)



次の記事:水戸の京成百貨店 和洋菓子5店が開店

全国・世界のニュース

2019 年
 9 月 22 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス