2019年5月16日(木)

「緑の宝石」メロン収穫ピーク 鉾田

本県オリジナル品種の「イバラキング」を収穫する田山浩志さん=15日午前、鉾田市二重作
本県オリジナル品種の「イバラキング」を収穫する田山浩志さん=15日午前、鉾田市二重作

「緑の宝石」と呼ばれるメロンの収穫が鉾田市で最盛期を迎えつつある。JAほこた(長峰茂通組合長)メロン部会長で同市二重作、田山浩志さん(58)方でも、爽やかな甘みが特長の本県オリジナル品種「イバラキング」の収穫作業に追われている。

同JAによると、茨城県のメロン生産量は、1998年から21年連続で全国トップ。中でも、同市は全国一のメロン産地として知られている。

田山さん方では、イバラキングを約1ヘクタール栽培。冬場に寒暖の差があったことで田山さんは「今年もおいしいメロンができた。消費者に喜んでもらえれば(生産者も)励みになる」と笑顔を見せた。

同JAの主力は、緑肉のイバラキングとアンデス、赤肉のクインシーなど。同JAは今年、計73万7千ケースの出荷を予定している。

収穫のピークは今月末から6月上旬ごろ。同JAは18、19の両日、農産物直売所「ファーマーズマーケットなだろう」(同市飯名)で「メロン祭り」を開催する予定だ。(大平賢二)



次の記事:モルタル遺体 長女に「セメントやるよ」

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 16 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス