2019年8月7日(水)

南極のライブ授業意欲 教員派遣の北沢さん 筑西市長を表敬

須藤茂市長と懇談する第61次南極地域観測隊同行者の北沢佑子さん=筑西市役所
須藤茂市長と懇談する第61次南極地域観測隊同行者の北沢佑子さん=筑西市役所

第61次南極地域観測隊の同行者に選ばれた県立守谷高教諭、北沢佑子さん(33)=取手市=が6日、出身地の筑西市を訪れ、須藤茂市長を表敬訪問した。北沢さんは市立関城東小、市立関城中の卒業生。国立極地研究所の「教員南極派遣プログラム」で、本県から初めて選出された。

北沢さんは、南極の生物の多様性を伝えるライブ授業に意欲を示した上で「人は1人で生きていけない。命を真摯(しんし)に生きてほしい。夢をかなえる行動をし続けてほしい」と、子どもたちにメッセージを送った。

11月27日に出国し、豪州で南極観測船「しらせ」に乗船。約1カ月半を費やして南極の昭和基地に入る。2020年1月には南極と県立守谷高(守谷市)や県自然博物館(坂東市)をネット中継で結んだライブ授業を行う。同3月22日に帰国予定。

「(ライブ授業は)自分が今そこにいるからできることがある。標本でなく(生物が)動く様子、自然を見せたい」と北沢さん。「南極に行った人は皆何かしら熱い魂を持っている。自分も勉強して生徒に持ち帰れたら」と抱負を語った。

須藤市長は「(北沢さんの派遣は)市として名誉なことでうれしく思います。健康に留意され、にこやかに帰ってこられることを期待しています。頑張ってください」と励ました。(冨岡良一)



次の記事:水戸の京成百貨店 和洋菓子5店が開店

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 9 月 19 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス