2019年10月16日(水)

台風19号 知事被害確認 住民に声掛け 大子、常陸大宮、常陸太田

被災した現場を視察する大井川和彦知事(中央)=常陸大宮市富岡
被災した現場を視察する大井川和彦知事(中央)=常陸大宮市富岡

大井川和彦知事は14日、台風19号で大きな被害を受けた大子町、常陸大宮市、常陸太田市の3市町を訪れ、床上浸水の被害を受けた住宅などを視察、被害状況を確認した。

大子町では、町役場を訪れ、高梨哲彦町長らから被害状況の説明を受けた。その後、被害を受けた町内の医療機関などを歩いて見て回った。住民からは「家具が流れてしまった」「断水が続いている」などの訴えがあり、大井川知事は「足りないものがあれば言ってください」などと声を掛けていた。

視察後、大井川知事は取材に対し、「これから物資や政策など必要になってくるものがもっといろいろ出てくると思う。支援に全力を尽くしたい」と述べた。



次の記事:列車にはねられ14歳女子中学生死亡 常磐線高浜駅構内

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 9 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス