迎春へ門松作り 「よい新年に」願い込め

正月に向け、丁寧に作り上げられる門松=24日午前、つくば市蓮沼
正月に向け、丁寧に作り上げられる門松=24日午前、つくば市蓮沼
正月飾りの門松作りが最盛期を迎えている。つくば市蓮沼の造園業「古平園」では24日、企業などから注文を受けた高さ1.5〜1.8メートルの門松8対を、職人らが朝から製作に汗を流した。

新年に年神様が降りる時の目印とされる門松。3本の真竹を立て、下部を松の葉で飾り、外側にわらを巻き付けて縄で縛り完成させる。真竹はもみ殻で磨いてつやを出すなど、見栄えに気を配りながら丁寧に作り上げる。代表の古平貞夫さん(66)は「今年は台風で竹が倒れ、切り出す作業が大変だった。年神様に舞い降りてもらい、よい新年を迎えてほしい」と話した。

24日午後から出荷も始まり、街はクリスマスから迎春ムードに移り変わる。(吉田雅宏)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース