2020年3月26日(木)

メロン県内初出荷、JA水戸・茨城町地区部会

初出荷されたオトメメロン。さっぱりとした味が特徴=茨城町城之内
初出荷されたオトメメロン。さっぱりとした味が特徴=茨城町城之内

JA水戸茨城町地区メロン部会は25日、同町城之内の南部営農資材センターで、糖度15度ですっきりとした甘味が特徴のオトメメロンを初出荷した。県内のJAとしては最も早い出荷で、水戸や東京、仙台など6市場に約150箱を配送した。

昨年の台風19号で、土作りやビニールハウス作りなど準備作業が遅れ、栽培への影響が心配されたが、2月以降の暖冬で例年並みの生育となった。出荷した相田幸夫さん(58)は「交配65日で出荷することができた」と笑顔だった。

式典で清水猛部会長は「品質の良いものができた。東京五輪は延期になったが、消費者はメロンを食べて笑顔になってほしい」とあいさつ。JA水戸の井坂英嗣代表理事専務は「販売促進へ向け大きなイベントは控えることになるが、PRして販売拡大につなげたい」と述べた。



次の記事:県立校再休校 要注意の10市町

全国・世界のニュース

2020 年
 4 月 9 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス