次の記事:5歳児、違法ケシ発見 草花好き、瞬時に判別

戦後初の国産旅客機 YS11、筑西に到着 10月初旬にも展示

ザ・ヒロサワ・シティ構内の格納庫に運び込まれた、戦後初の国産旅客機「YS11」の胴体部分=筑西市茂田
ザ・ヒロサワ・シティ構内の格納庫に運び込まれた、戦後初の国産旅客機「YS11」の胴体部分=筑西市茂田


戦後初の国産旅客機「YS11」が28日、機体を分解された状態で筑西市茂田の観光施設「ザ・ヒロサワ・シティ」構内に搬入された。約半年間にわたる機体の組み立て作業の後、10月初旬にも同構内の格納庫に完全な姿で展示される。隣には蒸気機関車「D51形」などがあり、日本近代を飾る産業遺産の「宝庫」として脚光を浴びそうだ。

運び込まれた機体は、運輸省(現国土交通省)が1965年に購入した量産初号機。空路の安全性を確認する「飛行検査機」として利用された後、98年に退役。その後は国立科学博物館が羽田空港(東京都大田区)で保管してきた。ザ・ヒロサワ・シティは、同博物館から機体の貸与を受ける形で展示公開する。

総重量は約15トンで胴体約8トン、主翼各約2トン。分解された各パーツは同日午前0時すぎ、同空港をトレーラーに載せられて出発し、同5時ごろ、筑西市に到着した。高さ約15メートル、幅約50メートル、奥行き約40メートルの鉄骨造りの格納庫は、機体を保管するために新設した。

搬入作業を見守った同博物館産業技術史資料情報センター長の鈴木一義さん(62)は「飛行機を20年間守ってきて、初めて公開し多くの人に見てもらうことができる。ぜひ見に来てください」と話した。

機体の組み立ての過程も公開する。問い合わせは広沢商事(電)0296(21)1234
(冨岡良一)



最近の記事

茨城の求人情報

電気工事士/工場や倉庫などの電気設備の設置工事/家賃補助あり 【株式会社平沼電設】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:月給25万円~

【仕事内容】茨城県鉾田市を拠点に電気工事を行ってます。 病院や工場、倉庫、店舗などをメインに、基本的な電気配線の工事や照明、受変電設備工事など電気工事全般に対応しています。 業務内容も図面の製図から実際の施工、メンテナンスと業務は幅広いです。 <仕事内容> 個人住宅から工場や倉庫、店舗など様々な現場におけるキュービクル~照明までの工事を対応 (受変電設備、菅、配線、照明までを対応) 現場が新築...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース