2020年4月18日(土)

新型コロナ 茨城県内感染、新たに8人 那珂の警察官や高校生ら

【AD】

茨城県は17日、県内で新型コロナウイルスの感染が新たに8人確認されたと発表した。うち1人は、県警交通指導課で交通鑑識を担当する那珂市の40代の男性警部補で、長女と県立那珂高に通う次女の10代の娘2人も感染した。15日に3人と同居する警部補の両親の感染が判明していた。ともに県外の学校に通う古河市の20代女性と10代男性、境町の50代男性と娘の20代医療関係者女性は、いずれも感染が相次ぐ境町の会社の関連。ほかに土浦市の20代会社員女性。8人はいずれも軽症か無症状。県内の感染者は計131人となった。

古河市の2人は、境町の会社に勤務し既に感染が判明している20代女性の友人。同町の2人は、この女性の友人の父と妹。同社の関連の感染者は計13人となった。

県保健福祉部の木庭愛部長は会見で「感染の連鎖が起きてしまっている」との認識を示した。

土浦市の女性は千葉県柏市の会社に通勤し、12日からせきの症状があった。

県内感染者のうち、県内1例目のひたちなか市の30代会社員男性▽桜川市の70代家政婦女性▽9日に感染が判明した水戸市の30代男性-の3人が17日までに退院した。(今井俊太郎)

■県内感染確認者
131人
うち死者5人
退院13人
(県発表、17日午後10時現在)



次の記事:列車にはねられ14歳女子中学生死亡 常磐線高浜駅構内

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 11 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス