2020年5月4日(月)

【速報】新型コロナ、茨城で感染患者看護の看護師ら2人確認 患者1人死亡

県内の感染者は計167人に

【AD】

茨城県は4日、県内で新たな新型コロナウイルス感染者として女性2人を確認し、男性患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は計167人(うち死者9人)になった。

新たに感染が確認されたのは、水戸市在住の看護師の40代女性で、勤務先の県立中央病院(笠間市)で新型コロナ患者の看護に従事していた。もう一人は、神栖市の30代女性で、病院の非常勤労務員。いずれも軽症。県が感染経路などを詳しく調べている。

死亡した患者は、県内の医療機関に入院していた60代男性。県は遺族の意向として病状などを公表していない。

また、県は同日までに新たに3人が回復したと発表した。1人が退院、自宅療養中の2人の陰性化も確認された。回復者は計66人となった。



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス