2020年5月24日(日)

《新型コロナ対策》行方市 医療、高齢施設に除菌アルコール

【AD】

新型コロナウイルスの影響で除菌アルコールが不足する中、行方市は19日から、市内の医療機関や高齢者施設などにアルコール製剤「MEIRIの除菌『MM-65』」を配布した。

MM-65は、明利酒類(水戸市)が経済産業省の認可を取得して開発。同社と同市は以前からシティプロモーション事業を通じて協力関係にあったといい、行方市からの提供要請に同社側が応じた形という。

配布したのは15リットル容量の「MM-65」80個。うち10個は同社が無償提供した。医療機関は2個ずつ、高齢者施設は1個ずつ配布するといい、同市の担当者は、「明利酒類さんの方から、地域に何かできればというありがたいお申し出を頂き、今回の配布につながった。ご厚意を地域の施設に届けていきたい」と話した。



次の記事:新生活様式 介護現場「無理ある」

全国・世界のニュース

2020 年
 5 月 28 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス