2020年5月24日(日)

《新型コロナ対策》常南交通など茨城県にマスク1万枚寄贈

大井川和彦知事(右から3人目)に目録を手渡す茨城ロータリーEクラブの徐佳鋭会長(同2人目)ら=県庁
大井川和彦知事(右から3人目)に目録を手渡す茨城ロータリーEクラブの徐佳鋭会長(同2人目)ら=県庁

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、医療や介護の現場で役立ててもらおうと、常南交通(笹目博社長)などが21日、マスク1万枚を茨城県に寄贈した。笹目社長らが県庁を訪れ、大井川和彦知事に目録を手渡した。

寄贈に訪れたのは、常南交通の笹目社長と笹目瑛司取締役、茨城ロータリーEクラブの徐佳鋭会長、佳日商事の陳峰社長、常南国際学院の苗松岩事務局長、アンカースタッフの黒木雅宏社長。寄贈を受け、大井川知事は「皆さんと一丸となって困難を乗り越えていきたい」と述べた。



次の記事:つくば市、個人情報89人分流出 

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 5 月 30 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス