2020年6月2日(火)

袋田の滝再開 新型コロナ対策緩和で 観光客ら新緑の名瀑楽しむ

再開した袋田の滝の第2観瀑台で記念撮影する家族連れ=大子町袋田、吉田雅宏撮影
再開した袋田の滝の第2観瀑台で記念撮影する家族連れ=大子町袋田、吉田雅宏撮影

新型コロナウイルス対策の緩和を受け、日本三名瀑(めいばく)で知られる大子町袋田の「袋田の滝」では観瀑施設が1日、1カ月半ぶりに再開。滝を眼前に望む第1観瀑台、滝全体を見渡せる第2観瀑台とも入場が可能になり、再開を待っていた観光客が新緑の中の自然を楽しんだ。

新型コロナの感染防止策も徹底され、チケット売り場では来場者に検温やマスク着用を促し、「3密」対策として、エレベーターやトンネル内に一定間隔を保つようテープが貼られた。

この日は、平日と小雨の降る天気が重なり観光客は多くはなかったものの、午前中から観光客の姿が見られた。都内から初めて訪れたという会社員の吉田誠さん(41)は、職場仲間の2人とエレベーターで第2観瀑台まで昇り、スマートフォンで記念撮影。「緑の自然がいっぱいで気持ちいい」と声を上げた。

滝川沿いに軒を連ねる売店も待ちに待った再開に安堵(あんど)。観瀑台に通じるトンネル近くで食堂兼土産店を営む菊池貴透さん(46)は「山の緑が映えるすがすがしい季節。ゆっくり自然を堪能してほしい」と話し今後の客足にも期待した。

観瀑施設の藤田直樹支配人は「安全対策は万全なので、新緑の中の豪快な滝の水量を楽しんでほしい」と話した。



次の記事:新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 14 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス