2020年6月16日(火)

《新型コロナ》免許更新手続き再開 茨城県内27署 「3密」対策に注力

免許更新の講習開始前に会場を整える鹿嶋署員たち=鹿嶋市宮中の同署
免許更新の講習開始前に会場を整える鹿嶋署員たち=鹿嶋市宮中の同署

新型コロナウイルスの影響で休止していた運転免許証の更新手続きが15日、茨城県内27警察署で再開した。4月下旬の休止から約2カ月ぶりとなる。各署は混雑を予測し、感染予防策を講じた。

鹿嶋署では「3密」防止対策として、講習の会場を1階講習室より広い3階大会議室に変更。受け付けまでの床と椅子に、距離を空けて並ぶよう案内を貼った。更新手続きで訪れた人は、同日午前の3時間で通常時の1日分に達した。鹿嶋市の男性(66)は「有効期限が延ばせるので、混んでいれば別の日にしようと思っていた。手続きできてよかった」と話した。

水戸署では、同日午前の優良運転者講習が約1時間で定員上限に達した。更新受け付けは同署入り口で行い、外に並べた椅子で順番を待ってもらった。栗山英司交通官(58)は「混雑しないよう人数制限を設けている。理解と協力をお願いしたい」と話した。30代の女性は「更新期限まであと1週間だったので、再開されてほっとした」と胸をなで下ろした。



次の記事:県立こども病院の看護補助者など44人感染 公立校教員や男児も

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 3 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス