2020年7月15日(水)

新型コロナ 茨城、新たに男性2人感染 累計204人に

【AD】

茨城県は14日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認されたと発表した。つくば市と守谷市のともに30代会社員男性。いずれも軽症。守谷市の男性は都内勤務。県内の累計感染者は204人となった。

県によると、つくば市の男性は県内でリサイクル業に従事。8日以降、喉の痛みや38度台の発熱があり10日に医療機関を受診。13日にPCR検査で陽性と分かった。最後の出勤は9日だった。

守谷市の男性は11日から頭痛や38度台の発熱があり、13日に受診。翌14日に陽性判明した。都内へは電車通勤で、最後の出勤は9日。今月上旬には埼玉県を訪れていた。

また県は、新型コロナ感染者1人が14日に退院したと発表。県内の退院・退所、陰性化確認者数は計166人、療養中は22人となった。

■県内感染確認者
204人(前日比+2人)
うち死者 10人
退院・退所等 166人
(県発表、14日午後10時現在)



次の記事:県立こども病院の看護補助者など44人感染 公立校教員や男児も

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 3 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス