2020年7月23日(木)

新型コロナ、茨城で新たに男性2人 1人はライブハウス利用者

県庁
県庁

茨城県は23日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認されたと発表した。いずれも20代会社員男性で居住地は土浦市と五霞町。ともに22日のPCR検査で陽性が判明し軽症。県内の累計感染者は237人となった。

県によると、土浦市の男性は県内の会社に勤務。19日以降頭痛などの症状があった。

男性は11日に土浦市上高津のライブハウス「土浦club GOLD」を利用。同日は、16日に感染が確認された常総市の20代女子学生も来店していた。

同日来店し、発熱などの症状のある場合は保健所や県の窓口に相談するよう呼び掛けている。

五霞町の男性は、県内の工場に勤務し22日まで出勤。同日、咳(せき)などの症状があり医療機関を受診した。

また県は、新型コロナ感染者2人が退院したと発表。県内の退院・退所などは計191人、療養中は26人となった。

■県内感染確認者
237人(前日比+2人)
うち死者 10人
退院・退所等 191人
(県発表、23日午後10時現在)



次の記事:飲酒中に口論...男性、腹を刺され死亡 43歳妻逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス