2020年7月26日(日)

常総新監督に元横浜の島田氏 佐々木氏は指導継続

投手コーチから昇格

島田直也氏
島田直也氏

常総学院OBでプロ野球・横浜(現DeNA)などで活躍した、同校野球部の島田直也投手コーチ(50)が監督に昇格することが25日、関係者の話で分かった。26日から島田新監督の下、新チームが始動する予定。佐々木力監督(54)は統括責任者として、引き続きチームの指導に携わる。

島田氏はエースとして1987年、同校の春と夏の甲子園初出場へと導き、夏は並みいる強豪を次々と破り準優勝に輝いた。その年の秋、日本ハムにドラフト外で入団。横浜に移籍した後に実力が開花し、中継ぎ投手として98年のチーム38年ぶりの日本一に貢献した。引退後は独立リーグコーチ・監督やDeNA2軍投手コーチなどを務め、3月から母校の投手コーチを務めていた。

同校は24日、「2020年夏季茨城県高校野球大会」の3回戦で、多賀に2-3で敗戦した。



次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス