2020年8月3日(月)

児童、水戸市に手作りマスクケース寄贈 放課後デイサービスで作業、200枚

高橋靖市長(手前)にマスクケースが入った箱を手渡す(左から)大山凜人君と弓野ほのかさん、浅川琉生君=水戸市役所
高橋靖市長(手前)にマスクケースが入った箱を手渡す(左から)大山凜人君と弓野ほのかさん、浅川琉生君=水戸市役所

水戸市末広町の放課後等デイサービス「ひと・まちすりーえす」に通う児童7人がマスクケースを手作りし、7月30日、水戸市に200枚を贈った。代表児童3人が市役所を訪れ、高橋靖市長に手渡した。

マスクケースは縦約11センチ、横約19センチ。透明の柔らかいクリアファイルをはさみで切って、手で折るなどして作成。児童とスタッフが作業ごとに係を決め、200枚そろうまで約1カ月かかった。「コロナウイルスに負けないで頑張りましょう」などと書いたカードも印刷して中に入れ、仕上げにアルコールで消毒した。

この日訪れたのは、いずれも市立五軒小6年で11歳の浅川琉生(るい)君と大山凜人(りんと)君、弓野ほのかさん。飯塚裕治事業支援長(67)と同所を運営するNPOひと・まちねっとわーくの池田馨理事長(72)が同席した。浅川君は「(作業は)難しかったが上手にできた」と笑顔で話した。高橋市長は「マスクが衛生的に使えるようになり、ありがたい」と感謝した。

同所は4月に開所。定員10人で市内小学校の特別支援学級に在籍する児童が通っている。



次の記事:茨城で新たに37人感染 中等症が3人

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 4 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス