2020年8月10日(月)

《新型コロナ》茨城県、キャンプ場に活路 9月にポータルサイト開設

秋冬観光、魅力発信 情報集約、施設連携も

利用者数が増えている大洗サンビーチキャンプ場=大洗町大貫町
利用者数が増えている大洗サンビーチキャンプ場=大洗町大貫町

新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込む観光需要回復へ向け、茨城県はキャンプ場への誘客に乗り出す。情報提供や予約の窓口となるポータルサイトを開設するほか、各施設間の連携を促し、利便性や魅力向上を目指す。3密を回避できるレジャーとして注目が集まりつつある中、秋や冬の新たな観光コンテンツとして魅力を発信していく。

■全国最多

県観光物産課によると、県内には163カ所(2018年現在)のキャンプ場があり、北海道の147カ所を上回る全国最多の軒数を誇る。ただ、情報を集約したサイトや施設間の連携組織などはなく、利用客向けの幅広い情報提供が課題だった。

そこで、県は県内各施設の情報や予約を受け付けるポータルサイトを立ち上げる。「県内のキャンプ場をワンストップで紹介できるサイト」(同課)として、9月下旬の連休前の開設を目指し、秋冬の誘客を促す考え。サイト内では各施設の感染症対策や周辺の観光地なども紹介する予定だ。

また、県が旗振り役となり各施設が連携する組織の発足を促し、課題共有などによる魅力向上も進める。本県観光は冬季の到来とともに入り込みが落ち込む傾向にある。同課は「秋冬の新たな観光コンテンツとしてキャンプをPRしたい」と意気込む。

■集客3割増

「本県観光の魅力の一つとして、キャンプに注目が集まるのはありがたい」。町営の大洗サンビーチキャンプ場(大洗町大貫町)を運営するNPO法人「大洗海の大学」の光又新二事務局長は、県の動きを歓迎する。

新型コロナの感染拡大で、4月8日から5月末まで休場した同施設は、6月に再開すると、問い合わせや予約が殺到。ホームページが一時的につながらなくなるほど、アクセスが集中した。光又さんは「週末や祝日の予約は9月末までいっぱい。6月の利用者数も前年比35%増」と、例年を上回る集客状況を説明する。

感染対策として、同施設は寝袋の貸し出しを中止し、水道など共同利用施設の一部利用を制限することで利用客同士の距離を確保した。光又さんは「キャンプは基本的に屋外で、密集も避けられる。コロナ禍でも楽しめるレジャーの一つとして人気が高まっているのでは」と話す。



次の記事:県立こども病院の看護補助者など44人感染 公立校教員や男児も

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 4 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス