2020年8月26日(水)

新型コロナ 茨城、新たに5人感染 入院中の80代男性死亡

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は25日、新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた80代男性が24日に死亡したと発表した。県内の死者は12人目で、うち10人は70代以上の高齢者。県によると、25日は新たに5人の感染が確認され、うち3人はこれまでに感染が分かった人の家族。いずれも軽症か症状なし。県内の累計感染者は512人になった。

新規感染者のうち、守谷市の50代会社員女性と30代アルバイト女性は、22日に感染判明した20代女性の家族。家庭内感染とみられる。千葉県の20代会社員男性は、22日に感染判明した常総市の10代女子生徒の家族。今月中旬から下旬にかけ同市の実家に帰省し、生徒と接触があった。

ほかに、都内勤務のつくば市の30代会社員男性▽石岡市の60代会社員男性。

県と水戸市によると、新型コロナ感染者のうち計7人が25日までに回復。県内の退院・退所などは414人となった。

■県内感染確認者
512人(前日比+5人)
うち死者 12人
退院・退所等 414人
(県発表、25日午後10時現在)



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス