2020年9月19日(土)

つやつや、色鮮やか 秋ピーマン、出荷本格化 生産量日本一の神栖

ピーマンの選別作業をする従業員=神栖市太田
ピーマンの選別作業をする従業員=神栖市太田

ピーマンの生産量日本一の神栖市で、秋ピーマンの出荷作業が本格化している。同市太田のJAなめがたしおさい波崎青販部会の選果場では、つやつやと色鮮やかな緑色の実が、選別用の光に照らされ一層輝いている。

同市は、温暖な気候と水はけの良い土壌に恵まれ、ピーマンの一大産地として名高い。2018年から稼働した同選果場はピーマン専用で、日本一の規模を誇っている。

市産のピーマンは青臭さが少なく、甘みが強いのが特長。JAの担当者は「秋ピーマンはやわらかく、生食にも向いている」と話す。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり需要」が追い風となり、売り上げは過去最高を更新する見込みという。

出荷は10月頭にピークを迎える。首都圏を中心に東北、東海地方にも出荷される。



次の記事:常陸太田で親子切られ父死亡 容疑の従業員逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 29 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス