2020年10月1日(木)

《新型コロナ》茨城で5人感染 2人は千葉県柏の飲食店関連、3人は県外への行動歴あり

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は9月30日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに5人確認されたと発表した。うち2人はクラスター(感染者集団)が発生した千葉県柏市の飲食店「タイレストラン純」の関連で、ほか3人は県外への行動歴があった。全員軽症。9月の1カ月間に確認された感染者は計112人となり、3カ月連続で100人超え。県内の累計感染者は657人となった。

県によると、坂東市の20代会社員男性は9月18、19両日に同店を利用。保健所に相談し陽性と分かった。同店利用者で県内の感染者は4人目。

また、土浦市の70代無職男性は、同28日に感染が発表された60代女性の夫。妻は、同店利用の別の感染者宅を訪れていた。親族や知人などを含めた同店関連の県内感染者は計13人となった。

このほか、坂東市の30代会社員女性は調理業務に従事しており、県は今後、女性と接触のあった同僚11人を検査する。女性は9月中旬以降、栃木、千葉両県への行動歴があった。

潮来市の30代会社員男性は9月中旬に千葉県を、常総市の30代自営業女性も同下旬に県外をそれぞれ私用で訪れていた。

新型コロナ感染者のうち新たに2人が29日に軽症者向け療養施設を退所。県内の退院・退所などは計586人となった。

■県内感染確認者
657人(前日比+5人)
うち死者 17人
退院・退所等 586人
(県発表、30日午後10時現在)



次の記事:汚泥除去中にマンホール底へ相次ぎ転落、男性作業員2人死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 23 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス