2020年10月14日(水)

鉾田・旭南小 福島の復興支援 ヒマワリの種採取、送付へ

ヒマワリの種を採取する旭南小の児童たち=鉾田市樅山
ヒマワリの種を採取する旭南小の児童たち=鉾田市樅山

東日本大震災からの復興を支援する「福島ひまわり里親プロジェクト」に取り組む鉾田市樅山の市立旭南小(清水政信校長、児童112人)で13日、児童たちが校庭で育てたヒマワリの種を採取した。種はプロジェクトを主催するNPO法人「チームふくしま」に送られる。

プロジェクトは、ヒマワリの種を賛同者に購入・栽培してもらい、採れた種を同法人に送り返すもの。種は福島県内でまき、花を咲かせる。観光や障害者雇用、東京電力福島第1原発事故の風化防止に役立てることなどが狙い。

ヒマワリの栽培は全児童で行い、採取作業は3、6年生が担当。9月下旬に刈り取り、乾燥させた花首から、種を丁寧に採った。スズメに食べられ採取量は予定を下回ったというが、児童会長の6年、鈴木大晴君(12)は「大事なのは量より思いやり」と、福島の人々への思いを口にした。

同小は、2015年からプロジェクトに参加。原発事故後に同県富岡町から避難し、同小に在学した2人の姉妹が呼び掛けたことがきっかけだった。

姉妹は同年、福島に戻ったが、児童会が中心となり「旭南ひまわりプロジェクト」の名で継続。当初は校庭の外周70平方メートルで栽培していたが、今では400平方メートルまで広げ、夏にはヒマワリが咲き誇っている。

今後もプロジェクトは継続する方針。清水校長は「震災を忘れていないという気持ちを(福島に)届けたい。活動を通じ、子どもたちの人を思いやる気持ちを育てたい」と話した。



次の記事:茨城で新たに37人感染 中等症が3人

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 4 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス