2020年10月18日(日)

「笠間の菊まつり」開幕 1万鉢 街中に彩り

笠間稲荷神社境内の回廊に並ぶ菊の花=笠間市笠間
笠間稲荷神社境内の回廊に並ぶ菊の花=笠間市笠間

今年で113回目を迎える「笠間の菊まつり」が17日、笠間市の笠間稲荷神社をメイン会場に開幕した。肌寒い雨が降る中、参拝客らは咲き始めた菊の花を楽しんでいた。11月23日まで。

笠間の菊まつり連絡協議会(本間敬会長)が主催。丹精込めて育てられた菊の花約1万鉢が街中に展示され、同神社境内には大菊、千輪咲き、懸崖(けんがい)などが飾られた。今年は新型コロナウイルス感染予防のため、大河ドラマにちなんだ恒例の菊人形展は取りやめとなった。

初日は同神社拝殿で、山口伸樹市長や塙東男宮司らが出席して開場式が行われ、主催者を代表して本間会長が「各イベントが中止になる中、開催できたことに感謝したい。期間中は感染防止対策をしっかり行っていきたい」とあいさつ。

あいにくの天気となり、境内の人出は少なめ。群馬県から友人と訪れた50代女性は「咲き始めたばかりだが、菊の花はきれい。この後は笠間のクリを使ったスイーツを食べる予定です」と笑顔で話していた。

同神社によると、菊は11月上旬ごろにかけて見頃を迎えるという。



次の記事:晴天、映えるコスモス 潮来

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 26 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス