2020年10月21日(水)

茨城県、「アマビエちゃん」アプリ配信開始 iOS版先行

「いばらきアマビエちゃん」アプリ
「いばらきアマビエちゃん」アプリ

新型コロナウイルス感染者との接触可能性を通知する茨城県独自のメールシステム「いばらきアマビエちゃん」の利便性向上を図ろうと、県は21日、スマートフォン向けアプリの無料配信を開始した。iOS版を「App Store(アップストア)」で先行配信し、Android版も「Google Play」でも近く配信を始める予定。

アプリを立ち上げると、QRコードを読み取る画面が表示される。県内の店舗や施設などに掲示された「宣誓書」のQRコードを読み込むだけで、利用登録が完了する。

スマホなどの位置情報を利用し、周辺の「アマビエちゃん」の登録事業者を検索できる機能も備える。県中小企業課によると、21日午後5時現在、登録事業者数は3万4770件。



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス