2020年11月3日(火)

不在者投票用紙1人分を未送付 つくば市長選・市議選

【AD】

つくば市選管は2日、10月25日に投開票された同市長選と市議選で、請求のあった不在者投票用紙などの書類1人分を発送しないミスがあったと発表した。市に送付された請求用封筒1通に、2人分の請求書が入っていたことに気付かなかった。

市選管によると、請求者の男性から10月23日に電話があり、ミスに気付いた。請求者は当時、長野県に滞在していた夫婦。17日、市役所に請求書が届き、市選管は19日に返送していた。再送は投票に間に合わず、請求者のうち1人が投票できなかった。

市選管は請求者に電話で謝罪。複数人でのチェック体制構築など、再発防止策を徹底するとしている。同選挙を巡っては、ポスター掲示板の設置忘れやビラ証紙の誤配布などミスが相次いでいる。



次の記事:茨城で33人 水戸、4日連続二桁

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 22 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス