ロボットスーツ「HAL」着てトレーニング B2ロボッツ

HALを腰に装着してトレーニングを実践する茨城ロボッツの選手たち=水戸市千波町
HALを腰に装着してトレーニングを実践する茨城ロボッツの選手たち=水戸市千波町
バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)茨城ロボッツは14日、ロボットスーツ「HAL」を製造販売するサイバーダイン(つくば市、山海嘉之社長)が開発・提供するプログラムを活用したトレーニングを報道陣に公開した。同社によると、筋肉の収縮と弛緩の最適なタイミングの把握や、身体のバランス調整などに効果が期待できるという。

公開トレーニングでは、同社の安永好宏取締役らがパラスポーツなどで導入されている事例を紹介し、「(ロボッツが)プロスポーツチームとしては初めての試み。今後改良しながら、アスリート向けのプログラムをさらに広げていきたい」と期待を込めた。その後、鶴巻啓太、中村功平の両選手が腰に器具を装着し、スクワットなどを実践した。

ロボッツによると、既に昨年11月からHALを活用したトレーニングを始めており、鶴巻選手は「使用後の垂直跳びでは8センチも記録が伸びた。体が軽くなる」と効果を語った。

ロボッツの山谷拓志社長は「最新鋭の技術やノウハウを活用し、選手のパフォーマンス向上につなげたい」と話した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース