2021年3月3日(水)

大賞に「花きゃべつ」 飲食店・三ツ星アワード 水戸商議所、受賞3店舗PRへ

大久保博之会頭(左から2人目)から「水戸まちなか三ツ星アワード」の大賞と準大賞表彰を受けた店主ら=水戸市桜川
大久保博之会頭(左から2人目)から「水戸まちなか三ツ星アワード」の大賞と準大賞表彰を受けた店主ら=水戸市桜川

水戸市の中心市街地で消費者がお気に入りの飲食店を選んで投票する「水戸まちなか三ツ星アワード」で、大賞に「洋食屋花きゃべつ」(同市南町)が選ばれた。準大賞は「ビストロエンドウ」(同所)と「レストラン ル・ポワロン」(同市泉町)が決まった。主催の水戸商工会議所では、3店舗を地元が選んだ名店としてPRし、足を運んでもらいたい考えだ。

同アワードは個性的で魅力のある飲食店を顕彰し、店づくりの意識を高めることや、中心市街地の活性化が目的。2017〜19年にかけて開催した「水戸ュラン〜あなたが選ぶグルメ店大賞〜」の名称を改め、今回は「飲食提供店ガイドブックに掲載したい」店舗をテーマに募集した。水戸駅周辺から大工町周辺エリア内で飲食を提供している店舗が対象。昨年10〜11月末、インターネット投票を中心に計2327票が集まった。

花きゃべつは56票を獲得。昨年創業40周年を迎え、人気メニューは「納豆ハヤシオムライス」。ランチが中心で弁当販売も行い、幅広い年代に支持される。農園直送のサラダバーが人気の老舗レストランのビストロエンドウと、地元梅酒を使った「フォアグラのテリーヌ」を提供するフランス料理のル・ポワロンは、ともに29票を獲得した。

同市桜川の県産業会館で2月25日、表彰式が行われ、大久保博之会頭から3店舗に表彰状と盾が手渡された。花きゃべつの嶋田淳店主(32)は「新型コロナで厳しい状況だが、たくさんのお客さまに愛され、これからも頑張っていきたい」と話した。

同会議所では受賞店のクーポン付きチラシを2万1千部作成。各家庭へのポスティングやまちの駅で配布する。ホームページでは受賞店とは別に、投稿のあった4店舗のエピソードも紹介する。



次の記事:2月以来の64人感染、変異株9人

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 18 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス