2021年3月19日(金)

新型コロナ 時短影響の一時金 茨城県、19日から受け付け

【AD】

新型コロナウイルス感染拡大に伴い発令された茨城県独自の緊急事態宣言(1月18日〜2月22日)を巡り、県は18日、飲食店への営業時間短縮要請で影響を受けた関連事業者などを対象とする一時金の申請受け付けを19日に始めると発表した。申請期間は5月末まで。営業時短要請協力金を受給した飲食店は対象外となる。

支給対象は、時短要請に協力した飲食店と直接取引がある事業者▽外出自粛要請の影響を受け、主に個人向けに対面で販売やサービスを提供する事業者。主な要件は、1月か2月の売上高が対前年(または対2019年)同月比で50%以上減少していること。申請方法は、電子申請か書面。

問い合わせは、県事業者支援一時金相談窓口(電)029(301)5558。受付時間は平日午前9時〜午後5時。



次の記事:境一家殺傷事件 夫妻殺害容疑で埼玉県の26歳男を逮捕

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス