2021年4月17日(土)

水戸市植物公園 温室に立体花壇 29日再オープン

観賞大温室に新設した立体的な花壇を紹介する西川綾子園長=水戸市小吹町の市植物公園
観賞大温室に新設した立体的な花壇を紹介する西川綾子園長=水戸市小吹町の市植物公園

水戸市小吹町の市植物公園は、2019年から進めていた温室の改修工事が完了し、16日、報道陣に公開した。観賞大温室には、新たに「トピアリー」と呼ばれる立体的な花壇を設置。クジャクを表現した花壇は、ペチュニアやロベリアなど4種の花約2500株を使い、色鮮やかに表現した。公園は開園35周年を迎える29日、リニューアルオープンする。

改修したのは観賞大温室と熱帯果樹温室。車椅子でも利用しやすいよう室内通路を広くしたほか、美容効果が期待できる熱帯のハーブを植えて若い世代を意識するなど、工夫を凝らした。

市公園緑地課によると、改修は施設の老朽化と来園者数の落ち込みを受け踏み切った。西川綾子園長は「他の植物園では取り上げないようなユニークな植物もあるので、ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けていた。



次の記事:茨城で70人感染 2日連続の70人台

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 13 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス