茨城・東海村の男性殺害、容疑の弟を公開手配 県警

永山誠容疑者(県警提供)
永山誠容疑者(県警提供)
公開手配された永山誠容疑者。犯行直後に立ち寄ったコンビニエンスストアの防犯カメラ映像から(県警提供)
公開手配された永山誠容疑者。犯行直後に立ち寄ったコンビニエンスストアの防犯カメラ映像から(県警提供)
18日に茨城県東海村船場の住宅で住所、職業不詳の永山善一さん(63)が殺害された事件で、県警は26日、殺人の疑いで指名手配中の、永山さんの弟でこの住宅に住む無職、永山誠容疑者(57)を公開手配とすると発表した。県警は非公開で捜査を続けてきたが、公開した理由を「広く情報提供を求めるため」としている。

公開したのは数秒ほどの映像2本と顔写真で、映像は犯行直後に立ち寄ったコンビニ店に、誠容疑者が出入りする様子が映っている。県警によると、誠容疑者は身長170センチくらい、中肉、黒髪短髪、黒の長袖、紺の長ズボン、マスク姿だった。また、事件当日の昼間に誠容疑者が立ち寄ったスーパーの防犯カメラの写真、誠容疑者の顔写真も公開した。

誠容疑者は犯行直後に車でコンビニ店に来店し、飲み物などを購入した。その後、現場から約1.5キロ離れた村立図書館近くの駐車場で乗用車を乗り捨てて逃走したとみられる。

指名手配容疑は18日午後7時半ごろ、同所の母親(86)方で、善一さんの首付近などを数カ所刺し、殺害した疑い。

情報提供は、ひたちなか署(電)029(272)0110

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース