河内町長選が告示 新人の一騎打ち 16日投開票

河内町長選が告示され、立候補した野沢良治氏(左)と小更雅之氏
河内町長選が告示され、立候補した野沢良治氏(左)と小更雅之氏
任期満了に伴う茨城県河内町長選は11日、告示され、ともに無所属新人で、会社役員の野沢良治氏(62)=自民党県連推薦=と建設業の小更雅之氏(50)=立憲民主党県連、茨城維新の会推薦=の元町議2人が立候補を届け出た。現町長と前町長がそれぞれの候補を応援しており、町政の継続か刷新かが問われそうだ。投票は16日午前7時から午後8時まで町内8カ所で行われ、同9時から長竿の町農村環境改善センターで即日開票される。選挙人名簿登録者数は7612人(10日現在)。

野沢氏は午前11時、源清田の選挙事務所前で出陣式を挙行した。雑賀正光町長や周辺首長、県議らが駆け付けた。現町政の課題を巡り「(休止の)直売所の早期リニューアルを実現する。(廃止された)生板小と河内中に企業を誘致し、雇用の拡大を進める」と述べ、後継をアピール。「17年の議員生活を送った。政治は経験が一番だ。さらなる挑戦をしたい。力を与えてほしい」と強調した。

小更氏も午前11時から長竿の選挙事務所で出陣式。野高貴雄前町長や町議らが姿を見せた。「町議としてやってきたが、町が悪くなっていくと感じ立候補した。町長となり町を変える」と決意を示した。「河内は少子高齢化が進んでいる。移動販売するなど、皆さんの意見を聞きながら町政を進める。住民の意見を大切に、そしてこの若さと熱意で町を引っ張っていく」と訴えた。

両氏は町議の身分のまま立候補を届け出たため、公選法の規定に基づき11日付で自動失職した。

【河内町長選立候補者(届け出順、敬称略)】
■野沢良治(のざわよしはる) 62 元町議 無新
【略歴】サンテック社長。元町議当選5回、町議会議長。中央工学校卒。生板
【公約】(1)3歳以下の保育料無償化の実現(2)福祉タクシー・移動販売車導入(3)町直売所の早期再開(4)遊休地・公的資産を生かした企業誘致(5)空き家バンク設立
https://wp.welltool.jp/nozawa_kouenkai/

■小更雅之(こぶけまさゆき) 50 元町議 無新
【略歴】雅商事代表。元町議当選2回、かわち学園中PTA会長。土浦工高中退。長竿
【公約】(1)町役場の改革と公的事業の見直し(2)高齢者の生活支援(3)空き家問題への対策(4)子育てと教育環境の充実(5)農業と地場産業・経済の支援
https://kobukekawachi.com/

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース