山歩き里ある記 武生山(常陸太田市

亀ケ淵=常陸太田市
亀ケ淵=常陸太田市
山田川と竜神川に挟まれた一帯の山地は、かつて常陸国の秘境とされていた。武生(たきゅう)神社が建つ武生山はその一角にあり、周辺には平家落人の伝説が残る持方(もちかた)や安寺(あでら)の集落がある。
「雨が降ると至るところに滝ができる」。武生には滝生という文字があてられていたこともあったという。竜神川がなす渓谷や亀ケ淵はそんな雰囲気を感じ取れる場所だ。

(2013/ 04/ 06一部抜粋)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース