次の記事:常磐道で速度違反、身代わり出頭させる レーサーら逮捕

水田でマコモの植え付け始まる 茨城・潮来

等間隔にマコモを植え付ける参加者=潮来市古高
等間隔にマコモを植え付ける参加者=潮来市古高


茨城県潮来市古高の水田で19日、同市特産のマコモの植え付けが始まった。

マコモは肥大化した茎が「マコモタケ」として収穫され、中華料理などに使われる。潮来市では25年ほど前から栽培されており、シャキシャキとした食感が人気の食材だ。近年では道の駅いたこを運営する「いたこ」が新商品の開発を行い、若葉のパウダーを使用したシフォンケーキやパウンドケーキ、ジェラートなども販売されている。

この日は市シルバー人材センターの会員ら約10人が参加。ロープを目印に、等間隔にマコモの苗を植えていった。

町田信夫さん(76)は「手作業なので重労働だが、たくさん収穫できるよう、しっかりと手入れをしていきたい」と話した。順調に育てば、マコモタケの収穫は9月下旬ごろから行えるという。

最近の記事

茨城の求人情報

「精密マイクロシャフトならびに各種精密金属部品の製造販売」法人営業 【三和ニードル・ベアリング株式会社】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:年収400万円~500万円

【仕事内容】<職種>営業>法人営業 <業種>メーカー>精密・計測機器 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります 当社は、「超精密金属加工」を強みとする金属部品の製造メーカーです。 当社の製品は、高精度かつ安定的な生産量を武器に、自動車業界を中心に、産業機械業界、家電業界、医療業界など多岐にわたる業界で活用されています。 また、あらゆる金属部品・素材...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース