住居侵入容疑で茨城新聞社員を逮捕 茨城県警ひたちなか署

【AD】
茨城県警ひたちなか署は7日、住居侵入の疑いで、茨城町、茨城新聞社員の男(58)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は6日午後11時20分ごろ、東海村、会社員、男性(51)宅の敷地に侵入した疑い。同署によると、「入ったことは間違いない」などと供述し、容疑を認めている。

男は編集局整理部記者。男性とは同じ会社だが、部署は別だった。自宅敷地のセンサーライトが点灯したため、男性が110番通報。駆け付けた同署員が身柄を確保した。同署で動機を含め経緯を調べている。

■深くおわびします

渡辺勝茨城新聞社取締役編集局長 本社編集局整理部の社員が逮捕された事態を重く受け止めるとともに、関係者や読者の皆さまに深くおわび申し上げます。捜査に全面的に協力し、事実関係を確認の上、社として厳正に処分する方針です。同時に全社員への倫理教育とコンプライアンスの徹底を行い、信頼回復に努めてまいります。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース