参院選茨城選挙区 つくば、期日前で用紙交付ミス 63人、比例票無効に

期日前投票所での投票用紙交付ミスについて謝罪するつくば市選管の南文男委員長(左から2人目)ら選管担当者=同市役所
期日前投票所での投票用紙交付ミスについて謝罪するつくば市選管の南文男委員長(左から2人目)ら選管担当者=同市役所
茨城県選管は27日、つくば市の参院選の期日前投票所で、有権者63人に比例代表用の投票用紙と誤って茨城選挙区用の投票用紙を交付するミスがあったと発表した。県選管によると、63人の比例区の投票は無効になる見込み。

県選管によると、調べられる2008年度以降、県内での国政選挙や地方選挙の投票用紙の交付ミスで、「一度に60人余という規模は例がない」としている。

市選管によると、26日午前10時から午後0時20分の間、つくば市稲岡の「イオンモールつくば」の期日前投票所で、有権者63人に対し、選挙区用と比例区用の2種類の投票用紙を交付すべきところ、選挙区の投票を済ませた有権者に再び選挙区用の投票用紙を誤って交付し、投票させた。

26日の1人目から誤った投票用紙を交付。64人目の有権者から「投票用紙が違う」と指摘を受け、ミスが発覚した。

この期日前投票所では、職員2人と派遣社員2人の計4人が従事していた。選挙区と比例代表の投票用紙は別々の封筒に保管していた。ミスの原因について、市選管は「投票用紙の種類を複数人で確認すべきところを、1人で行っていたため」としている。

市選管は27日、記者会見を開いて謝罪した。投票した有権者63人には自宅を訪ね、直接謝罪する。

市選管の南文男委員長は「信頼を損ねる結果となったことを深くおわびする。今後は複数人で投票用紙の確認を行うよう徹底し、再発防止に努める」と謝罪した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース