園児、小学校で模擬授業 国語と算数、真剣に 茨城・那珂

小学校の模擬授業で鉛筆を使い真剣な表情で線をなぞる保育園児ら=那珂市菅谷
小学校の模擬授業で鉛筆を使い真剣な表情で線をなぞる保育園児ら=那珂市菅谷
茨城県那珂市菅谷の菅谷小(武居幸雄校長)で9日、市内保育園に通う園児36人が夏休み中の小学校を訪問し、模擬授業を体験した。園児らは初めて入る小学校の教室に硬い表情だったものの、緊張が解け始めると楽しそうに授業を受けた。同市が進める保幼小中連携の一環で、幼児教育から小学校教育への円滑な接続を図ることが狙い。

保育園児を対象とした模擬授業は、昨年から市内の5歳児を対象にスタート。同小教諭が教壇に立ち、国語と算数を20分ずつ指導した。国語の授業では、真新しい鉛筆で丁寧に波線を描き、色鉛筆で動物に色を塗った。園児らは、「できた」と満足げな表情を浮かべた。

同市後台のゆたか保育園、浜野帆花ちゃん(5)は「楽しかった。小学校に入ったらたくさん勉強したい」と笑顔。山田日出美園長は「園内では見られない真剣な様子。体験することで、少しでも小学校に慣れてもらえれば」と話した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース