野口啓代さんが一日警察署長 交通安全呼びかけ 茨城・龍ケ崎

一日警察署長を務め交通安全キャンペーンに臨む野口啓代さん=龍ケ崎市小柴
一日警察署長を務め交通安全キャンペーンに臨む野口啓代さん=龍ケ崎市小柴
茨城県龍ケ崎市出身で昨夏の東京五輪スポーツクライミング女子複合で銅メダルを獲得した野口啓代さん(33)が18日、一日警察署長となり、市内で交通安全を呼びかけた。秋の全国交通安全運動(21~30日)に先駆け、県警竜ケ崎警察署と竜ケ崎地区交通安全協会が、同市小柴5丁目のショッピングセンター「サプラ」でキャンペーンを開催した。

委嘱を受けた野口さんは「身が引き締まる思いだ。高齢者と子どもたちを守りましょう」と訴え、買い物客らに啓発品を手渡していった。野口さんの後輩に当たる市立八原小の児童も警察官の装いで参加し、「ルールを守って登下校します」などと宣言した。

萩原勇市長は「みなさんの意識を高め、事故ゼロを目指したい」、小野操一署長は「野口さんの笑顔と活力で交通安全をアピールしたい」とそれぞれあいさつした。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース