次の記事:路上の80歳はねられ死亡 容疑で小学校教員逮捕

関東鉄道 水海道車両基地を公開 クレーン作業実演 茨城

かつて保線作業時使われていた軌道自転車に体験乗車する親子連れ=常総市水海道高野町
かつて保線作業時使われていた軌道自転車に体験乗車する親子連れ=常総市水海道高野町


関東鉄道は3日、創立100周年記念イベントとして、茨城県常総市水海道高野町の水海道車両基地を一般公開した。基地内では車両展示や整備用クレーンの作業実演などの企画を実施。鉄道ファンや親子連れが来場し、写真撮影などを楽しんだ。

来場者は、常総線水海道駅から出発する臨時列車で基地を訪れた。工場棟では、重さ約30トンもの車両を巨大なクレーンでつり上げ、移動させる作業を実演。来場者は迫力の場面を写真や動画に収めていた。このほか、かつて保線作業時に使っていた軌道自転車への体験乗車や、車両の写真を使いオリジナル定規を作るワークショップなどもあった。

東京から家族で訪れた小暮恵輔さん(40)は、子どもと一緒に軌道自転車に乗車し、「なかなか身近で乗る機会がなく、子どもも喜んでいる」と話した。

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース