知事賞・篠﨑さん表彰 茨城新聞小学生読書感想文コンクール

県知事賞に選ばれた篠﨑灯里さん=水戸市内
県知事賞に選ばれた篠﨑灯里さん=水戸市内
第50回茨城新聞小学生読書感想文コンクール(茨城新聞社主催、県、県議会、県教委など後援)の表彰式が5日、水戸市千波町のセキショウ・ウェルビーイング福祉会館で開かれ、県知事賞に輝いた桜川市立雨引小4年の篠﨑灯里(あかり)さん(9)に賞状や記念品が贈られた。

県内82校から222編の応募があり、県知事賞など特別賞9編、優秀賞18編、佳作100編が選ばれた。

篠﨑さんは課題図書から、県警嘱託警察犬として活躍するトイプードルのアンズを描いた「警察犬アンズの事件簿~小さいけれど、大きな仕事」を選択。感想文は、小型犬ながら努力して実績を重ねるアンズの姿から、自らも苦手な水泳を父親と特訓して克服したエピソードを紹介した。「諦めないことを教わった」として「アンズからもらった大きな勇気を、私の宝物にします」と結んだ。

表彰式で篠﨑さんは作品を情感込めて朗読した。「動物が出る本が好き。これからも何でも最後まで頑張りたい」と話した。審査員長の谷島竜太郎県義務教育課指導主事は講評で「たくさんの本と出合い、伝える機会を大切にしてほしい」と呼びかけた。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース