次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

茨城・五霞町長選 知久氏が初当選

初当選を決めた知久清志氏
初当選を決めた知久清志氏


茨城県五霞町長選は、無所属新人で元埼玉県福祉部長の知久清志氏(63)=自民推薦=が、無所属新人で元町議の板橋英治氏(45)を破り、初当選した。投票率は70・04%(前回70・08%)。当日有権者は6896人。

午後8時10分ごろ、同町元栗橋の事務所に当選の一報が入ると、支持者から拍手と歓声が上がった。今期限りで引退する現町長の後継として立候補した知久氏は「人口減少対策に力を入れ、住民主体のまちづくりを目指す」と語った。

板橋氏は、商業施設の誘致などを訴えたが及ばなかった。

【知久清志(ちく・きよし)氏の略歴】町長当選1回[元]埼玉県福祉部長、一般社団法人埼玉県医師会事務局長。立教大卒。元栗橋

■五霞町長選開票結果(選管最終)
当 3,038 知久清志 63 無新
  1,729 板橋英治 45 無新



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース