次の記事:5歳児、違法ケシ発見 草花好き、瞬時に判別

【台風13号】茨城・日立市役所 電源喪失 地下に浸水 市長「想定外」 10日に業務再開

浸水した日立市役所地下1階の機械室で電源設備の復旧を急ぐ作業員ら=9日午後、同市助川町
浸水した日立市役所地下1階の機械室で電源設備の復旧を急ぐ作業員ら=9日午後、同市助川町
浸水被害で停電した日立市役所地下1階で泥を除去する作業員=9日午後1時15分ごろ、同市助川町
浸水被害で停電した日立市役所地下1階で泥を除去する作業員=9日午後1時15分ごろ、同市助川町
地下にたまった水の排水作業が行われる日立市役所=9日午後1時25分ごろ、日立市助川町
地下にたまった水の排水作業が行われる日立市役所=9日午後1時25分ごろ、日立市助川町


大雨の影響で茨城県日立市の市役所(同市助川町)は8日夜から9日夕まで全ての電源を喪失した。近くの数沢川が氾濫し、地下の電源機器が浸水したのが原因。災害対策本部は近くの市消防本部に移転。9日は証明書などの発行業務を停止し、職員は復旧作業に追われた。

水戸地方気象台によると、同市の9日午前0時までの24時間降水量は269ミリで、観測史上最大を記録した。影響で市役所西側の数沢川が8日夜に氾濫し、庁舎には50センチほどの濁流が押し寄せた。

1階は職員が入り口ドアを閉めて浸水を防いだが、地下1階は駐車場に下りるスロープから濁流が流れ込み、最大で約120センチが浸水。地下の機械室に止水板はなく、受電設備と非常用電源設備ともに水に漬かった。地下に排水機能はあったが、処理が追い付かなかった。

停電の影響で市役所の電話はつながりにくくなり、住民の要望に一部対応できない事態となった。市は9日、応援要請した国土交通省のポンプ車で水をくみ出し、電源機器の復旧作業を実施。同日夕に一部を除いて電源が復旧した。市は10日、対策本部を本庁舎に戻し、停止していた窓口業務を通常通り行う。

庁舎は2019年の完成で、小川春樹市長は「東日本大震災を経験して災害に強い庁舎を造ったはずだが、想定外の出来事だった」とし、「構造も含めて課題があった。しっかり検証する」と述べた。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース