次の記事:ワールドファームが破産へ 負債32億円超

茨城県産ハマグリでみそ汁 大洗の幼小中給食 町漁協が振る舞う

鹿島灘産ハマグリが主役のみそ汁を味わう町立大洗小の児童たち=大洗町磯浜町
鹿島灘産ハマグリが主役のみそ汁を味わう町立大洗小の児童たち=大洗町磯浜町


茨城県大洗町の小中学校と幼稚園の給食で、茨城県鹿島灘産のハマグリのみそ汁が振る舞われた。地産地消を進めようと、町漁協が提供した。子どもたちは大粒の身の歯応えやだしのうまみを味わった。

町漁協は、鹿島灘で採ったハマグリ約230キロを2日かけて砂抜きし、町立小中学校4校と幼稚園1園の計千食分を提供した。ハマグリのだしを主役に楽しんでもらうため、みそ汁は通常よりみその量を減らし、豆腐やネギなどの具材で仕上げた。

同町磯浜町の町立大洗小では、児童がおかわりを求めて列を作る姿が見られた。町漁協は食育などと絡め、今後も続けていきたい考え。

ハマグリを初めて食べたという同小2年の倉本祐太郎君(10)は「貝殻も身もすごく大きくてびっくりした。鶏肉みたいな食感でおいしかった」と笑顔を見せた。

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース