次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

かみねレジャーランド 人気アニメ「ラブライブ」とコラボ 等身大パネルやグッズ 茨城・日立

キャラクターの等身大パネルと記念撮影するファン=日立市宮田町
キャラクターの等身大パネルと記念撮影するファン=日立市宮田町
キャラクターの等身大パネルを乗せたアトラクションを楽しむファン=日立市宮田町
キャラクターの等身大パネルを乗せたアトラクションを楽しむファン=日立市宮田町


茨城県日立市宮田町のかみねレジャーランドで、人気アニメ「ラブライブ!虹ケ咲学園スクールアイドル同好会」とのコラボが始まった。キャラクターの等身大パネルが設置され記念撮影できるほか、バッジなどの限定グッズを販売。多くのファンが訪れ、思い思いに「推し活」を楽しんでいる。3月18日まで。

コラボは話題のアニメやゲームなどと全国のレジャー施設が連携し、合同で周遊促進を図る企画「レジャフェス」の第1弾。今回は「おでかけ」をコンセプトにキャラクターが三つのグループに分かれ、10施設とコラボ。かみねレジャーランドには、4人の登場人物が割り当てられた。

4人の等身大パネルは正面入り口の写真スポットやアトラクション「スカイトレイン」などに設置。日立の景色を一望できる電車型の乗り物で、車両の中にパネルが置かれ、写真撮影やデート気分を楽しめる。

また、コラボ特典も用意。施設内の売店でクリアファイルやアクリルスタンドといった対象のグッズを2200円分、食事の場合は770円分購入するごとにイベント限定のイラストカードなどがプレゼントされる。このほか、キャラクターによる場内アナウンスなども堪能できる。

市内から訪れたファン歴6年の大石浩太郎さん(22)は「地元のレジャーランドとのコラボにびっくりした。ファンとして、すごくうれしい」と満面の笑みで話した。

同施設は今月末まで入園料無料。運営する市公園協会は「これをきっかけに多くの人に足を運んでほしい」としている。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース