次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

オンラインカジノを動画配信 常習賭博容疑で男逮捕 茨城県警

県警が押収したスマートフォンとカメラ(県警提供)
県警が押収したスマートフォンとカメラ(県警提供)


茨城県警水戸署と県警生活環境課は29日までに、常習賭博の疑いで、住所、職業いずれも自称のタイ在住、会社経営、男(49)を逮捕した。ユーチューブで「ストマック」を名乗り、オンラインカジノで賭博する様子を配信していたという。県警によると、容疑を否認している。

逮捕容疑は2022年11月1~26日ごろまでの間、計41回にわたり、計約500万円を賭けてトランプの合計点数で勝敗を争う「バカラ」賭博をした疑い。

同課によると、男は国内の滞在先で、パソコンなどからオンラインカジノサイトの「エルドアカジノ」に接続して賭博を繰り返していたとみられ、ユーチューブでその様子を配信した動画が証拠となった。同年10月、別の動画を視聴した男性から「賭博を行っている様子が配信されている」と県警に情報提供があった。

男のユーチューブチャンネル登録者数は約12万7000人に上り、競馬や競艇などに関する動画を配信していた。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース