次の記事:常磐道で速度違反、身代わり出頭させる レーサーら逮捕

茨城県北3河川に調節池 茨城県、貯留機能を強化 河道掘削やカメラ増設



昨秋の台風13号に伴う大雨で氾濫した日立、高萩、北茨城の茨城県北3市を流れる河川に対し、茨城県が貯留機能強化を柱とする緊急対策を固めたことが2日、分かった。今後5年間をめどに、里根川(北茨城市)など3河川で一時的に水をためる調節池を新たに整備し、増水時に下流への流量を抑える。河道を掘削して流下能力を向上させるほか、監視カメラの増設などを進める方針。

調節池は大雨で増水した際、河川沿岸などへ一時的に水を貯留し、下流への流量を下げる役割をする。県は里根川と関山川(北茨城市)、関根川(高萩市)の3河川で各1カ所に新たな調節池を整備し、河川の越水や溢水(いっすい)など氾濫による浸水被害に備える。

今後、具体的な場所を選定した上で用地取得を進め、2028年までの整備を目指す。このほか関山川と塩田川(北茨城市)の計3カ所で既に整備済みの調節池も、貯留可能な水量を増やす考え。

台風13号による大雨では、日立市の宮田川、鮎川、東連津川、大沼川、北茨城市の里根川、関山川、江戸上川、塩田川、高萩市の関根川の県管理9河川で氾濫が発生した。こうした被害を受け、県は県北3市や東海村などで構成する「県二級水系流域治水協議会」で、9河川に対する緊急対策を検討してきた。

緊急対策ではこのほか、河道掘削を氾濫被害のあった9河川全てで実施し、流下能力を向上させる。里根川と関根川で、沿岸の水田に雨水を一時的にためる「田んぼダム」の導入を検討するほか、里根川、東連津川、鮎川には河川監視カメラを新たに設置したり、設置箇所を増やしたりする。

県が管理する2級河川では、これまで河道掘削を中心としたハード対策を進めてきた。台風13号で過去最大規模の大雨が観測されるなど、被害が激甚化する傾向にあることから、流下能力の向上に加え、貯留機能の強化を重点的に実施する対策を進める。

県は管理する県内全216河川で、ハザードマップの基礎資料となる「洪水浸水想定区域図」の作成を24年度中に完了させる方針。県河川課は「調節池は流域全体の被害を防止する上で、早期に効果が出せる対策の一つ」としており、頻発化・激甚化する自然災害への備えを強める構えだ。

最近の記事

茨城の求人情報

営業職「JAXAなど各種研究機関との取引実績あり」国内外研究機関や大学に向けて放射線測定装置や電子応用機器の提案営業をおまかせします 【株式会社テクノエーピー】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:

【仕事内容】<職種>営業>法人営業 <業種>メーカー>電気・電子 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります ️お任せしたい業務内容 ・自社製品の提案営業 ・製品案内、見積、契約関連業務 ・国内の展示会出展対応 ・取り扱い説明書やプレゼン資料の作成 業務上で社用車の使用あり <事業内容> 電子応用機器設計製造販売 放射線計測装置の開発販売 研究...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース