次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

Vチューバー、茨城・鉾田PR 3日から パネルやポスター 「推せるまち」へコラボ

Vチューバーの狼森メイさんと因幡はねるさん(左から、©ななしいんく)が鉾田市をPRする。右は涸沼観光センター
Vチューバーの狼森メイさんと因幡はねるさん(左から、©ななしいんく)が鉾田市をPRする。右は涸沼観光センター


茨城県鉾田市は3日から5日までの3日間、「ぶいじゃっく!!in鉾田」と題したバーチャルユーチューバー(Vチューバー)とのコラボイベントを実施する。市の観光施設「涸沼観光センター」などで、Vチューバー事務所「ななしいんく」所属の因幡(いなば)はねるさん、狼森(おいのもり)メイさんら人気Vチューバーのポスターや等身大パネルを設置。市内のあちこちで2人に出合える催しだ。

イベントは、10~30代を中心としたVチューバーファンに、第2、第3の地元となる「推せるまち」を見つけてもらい、地域活性化やふるさと納税の拡充につなげる「まちスパチャプロジェクト」の一環。

拠点となる涸沼観光センター(同市下太田)では、因幡さんと狼森さんが出演するビデオメッセージが流れるほか、2人にメッセージを送ることができる寄せ書きポスターや等身大パネル、のぼりなどを設置する。

また、同センターで貸し出されるレンタサイクルには期間限定で2人のステッカーが貼られ、自転車が同プロジェクト仕様になる。

「鉾田フルーツチーズケーキ」(同市田崎)では、2人のポスターを掲示。同プロジェクトで限定生産された、ふるさと納税返礼品「はねるとメイを刻み込め!焼きいも丸ごとチーズケーキセット!」で使用された焼き印も展示する。

このほか、宿泊施設「いこいの村涸沼」(同市箕輪)では、記念撮影用パネルボードを設置。鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「涸沼駅」(同市下太田)では、2人の音声アナウンスが放送される。

市商工観光課は「Vチューバーを通し鉾田市を知った多くの方に訪れてほしい。特産品や涸沼の自然に触れるきっかけになれば」と期待を寄せている。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース