次の記事:残業申請しないよう求める 不適切指導

茨城空港 旅客25%増 国内線最多70万人 23年度

茨城空港利用者数推移
茨城空港利用者数推移


茨城県は7日、茨城空港(同県小美玉市)の2023年度の旅客数が前年度比25.5%増の74万8396人となり、過去3番目に多かったと発表した。新型コロナ5類移行に伴う規制緩和で、国内線と国際線の需要がともに回復。国内線は過去最多を更新し、70万人を突破した。

旅客数は、東京航空局が公表した速報値。22年度の59万6536人から15万1860人増えた。過去最多は19年度の77万6002人で、コロナ禍前の96.4%まで回復した。

国内線は70万108人で、22年度比10万4715人の増加。県によると、スカイマークの定期4路線(札幌、神戸、福岡、那覇)がいずれも好調だった。月別利用者はコロナ5類移行前後の4~6月が44.8~73.5%増となった。

秋の観光シーズンの10~11月も旅客数を伸ばしたほか、今年1~3月の利用者も月当たり5~6万人台と堅調に推移。県が3月時点で予測した年間65万人を超え、70万人に達した。

国際線は4万8288人で、5往復のみの運航だった22年度から4万7145人と大幅に増えた。月別では、定期線の中国・上海便が一時運航を再開した8月が7839人と目立った。昨年3月から週2便の運航が再開された台湾・台北便は、安定した観光需要で利用を伸ばした。

県は4月から運航が始まった台湾・高雄を含め、国内外の就航先で利用促進に向けたプロモーションを引き続き展開する。旅行会社を対象としたファムトリップ(視察旅行)も進め、韓国や台湾のゴルフ客などの誘客を図る方針。

県空港対策課は「運休している上海便や西安便の早期運航再開に向けても働きかけを強め、さらなる利用拡大に努めたい」としている。



最近の記事

茨城の求人情報

「きっちり計量が、おいしさのレシピ 」お菓子つくりの仕込み 食品加工・検査・袋詰め 【ランスタッド株式会社】
 エリア:茨城県
雇用形態:派遣社員
  給与:時給1,055円

【仕事内容】<求人詳細> 一つ一つの計量が、おいしさの秘密です クッキーやチョコレート菓子を製造している 大手メーカーさまで仕込みのお仕事募集中! 配合の秘密、計量の技。 仕込みで、おいしさの裏側に立ちませんか? 基本、加工まえの計量などを お任せします! <お仕事内容> 仕込み ・配合表を基に、必要な材料を計量しながらピッキング ・生産機械まで台車で運び、投入口へ投入(一部、ボタンで...

スポンサー:求人ボックス

自動車販売店の接客・販売スタッフ/未経験でも月給30万円スタート!年収900万円も可 【ネクステージ 石岡店】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:年収425万6,000円~901万6,000円

【仕事内容】<この求人のポイント!> ⏩️未来を担う新ポジションの求人スタート! ⏩️グローバル型は成長、チャンスの機会も豊富! ⏩️残業少なめ(1日1h程度)&月2回土日祝休みも可! ⏩️もちろん未経験歓迎!初年度年収425万円以上! 「お客様満足に繋がる仕事がしたい」 「数字のために働くのは違う」 「自分の時間や家族との時間を大切にしたい」 売って稼ぐ、長時間働いて稼ぐという不安定な状...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース