次の記事:残業申請しないよう求める 不適切指導

元気に育って、戻ってきて 小学生がアユの稚魚放流 茨城・常陸大宮

アユの稚魚を放流する大賀小の児童=常陸大宮市岩崎の久慈川
アユの稚魚を放流する大賀小の児童=常陸大宮市岩崎の久慈川


元気に育って、戻ってきてね-。茨城県常陸大宮市の市立大賀小4~6年生25人が9日、同市岩崎の道の駅常陸大宮・かわプラザ脇の久慈川にアユの稚魚を放流した。6月1日のアユ釣り解禁を前に、久慈川漁業協同組合の放流事業に参加した。

児童のアユ放流は、子どもたちに環境保全の意識を高めてもらうのが狙い。児童たちは体長13~17センチの稚アユを川岸から放流。「かわいい」と喜びながら、元気に泳ぐアユの姿を見守った。放流後には河川敷のごみ拾いも実施した。

宮本恭之介君(4年)は「放流するのは初めてだったのでうれしい」と笑顔。小林愛夢さん(6年)は「元気に戻ってきてほしい」と話した。高杉則行組合長は「毎年参加してもらい感謝している。天然アユの遡上(そじょう)は平年並み。解禁後は多くの釣り客に楽しんでほしい」と話した。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース